東北産を買おう。食べよう。 東北に行こう。 東北の経済活動を応援します。最近始めたプロジェクト『おちゃっこ隊』の活動も紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイルの表札づくり - おちゃっこ隊活動報告 -

ociacco-3B-3.jpg

土曜日におちゃっこ隊で女川の仮設住宅へ行ってきました。
今回もまた前日に雪が降り、桐ヶ崎も真っ白でした。
おちゃっこ隊が雪を連れてきたと冗談を言われながら、お母さんたちが出迎えてくれました。
4月にもう1度くらい雪が降るそうです。それを越したらいよいよ本格的な春が来ます。
暖かい春が待ち遠しく感じます。(住んでる方にはもっとですね)


時間になると真っ先に来てくれた若いママは、二人目の子がお腹にいます。
かなりお腹が目立ってきていたので予定日を聞いたら、なんと「あさってです」と、
驚くこちら側をよそに、本人ケロリとしてました。
その予定日はきのう。もう無事に産まれたかしら。
来月行く時に元気な赤ちゃんに会えたらいいなと思います。

それから、これまで少し顔を出す程度だった、3人組のおばあちゃんも参加してくれました。
前回の鳴子温泉への遠足で、おちゃっこ隊との距離もぐっと近づいたみたいです。

お家でお留守番をしていたMちゃんも来てくれました。
私たちが到着した時、ちょうど車で出かけるお父さんとすれ違い、「Mちゃん家にいるよー」と
声をかけてもらえたその一言に、待っていてくれている感じがして、なんだか嬉しくなりました。


今回は、タイルを使って表札づくりに挑戦。
木の板に漢字やローマ字で名前を書いて、砕いたタイルを接着剤で貼っていき、目地剤で埋めます。
タイルを並べるちょっぴり細かい作業に、一時は全員が無言になる程集中する場面も。
慣れない作業になかなか奮闘しながらも、途中にはタケノコの炊き込みご飯とお茶での休憩も挟み、
みんなでワイワイとおしゃべりしながら、完成させることができました。

目地剤が完全に乾くまで時間がかかるので、最後の磨く部分と金具の取りつけの作業は、
それぞれお家での宿題に。「来月見せてもらうんで、仕上げてといてくださいね~」と
軽いプレッシャーをかけながら終了しました。どんな風に出来上がったか、次回が楽しみです。


片付けが終わると、お母さんたちがコーヒーを入れてくれたので、またしばらくオシャベリ。
今までなら大抵、片付け後にはそのまま帰ってきていたし、お茶もこちらで準備していたのが、
いつの間にか、お母さんたちからお茶っこ飲みに誘われるようになりました。
紙コップも、集会所のマグカップに変わりました。
こういう一つ一つが嬉しい変化です。

おちゃっこ隊が桐ヶ崎に通うようになって半年。
あっと言う間でしたが、この半年という時間はとても貴重な時間だったと思います。

こんな風に、いつもの場所で、いつもの人たちに待っていてもらえること、本当に幸せだなと思います。
おちゃっこ隊は来月も行きますよ。みんなの笑顔に会いに。


※写真は後日アップします。

下記は試作で作ったもの。今回の表札のイメージとして、とりあえず。。
hyosatsu.jpg

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。