東北産を買おう。食べよう。 東北に行こう。 東北の経済活動を応援します。最近始めたプロジェクト『おちゃっこ隊』の活動も紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本と自然とを考えてみたりする

地理は得意ではないのだけど、自分の勉強も兼ねて。。。
日本と自然を数字で考えてみました。

日本の国土は世界の陸地総面積の0.25%、世界で62位の大きさ
地球の陸地の割合は地球の表面積の約29.1%
日本が地球に占める割合は僅かに0.07%

日本の国土の73%が山地
活火山数は世界全体の7.1%
地球上で起こる全地震の10%が日本に集中
マグニチュード6以上に絞ると、過去に起きた世界の地震のうち20.5%が日本で発生

台風は年間平均26個発生
40%以上が日本から300km以内に接近、10%が日本に上陸


語学留学をしていた頃、自然災害をテーマにした授業がありました。
自然災害の英単語をあげ、内容を説明し、次に自分の国にあるものを考えるというもの。

地震、台風、ハリケーン、竜巻、雪崩、火山、洪水、津波、干ばつ、雷・・・・

その時に気づいたことは、日本にはほとんどの自然災害があるということ。
実は意外と過酷な環境にあるんだなと。
日本を出る前は、地震も台風も当たり前すぎてそんなこと考えたこともなかった。

それだけ多くの自然災害があるということは、それだけ豊かな自然に
恵まれていることの裏返し。自然の恩恵と脅威はいつも背中合わせだから。
日本人はずっと昔から、自然と密接に生活してきたんだということ。
そんなことを改めて感じていました。


例えば、三陸の海岸は、リアス式の入り組んだ地形が、美しい景色と
美味しい海の幸を豊富に与えてくれていた。
だけど、その地形がゆえに、今回の震災のようにひとたび自然が猛威を奮うと、
大きな津波を引き起こすことにも。。

台風だって、農作物などに大きな被害をもたらす反面、重要な水源にも。
日本にある一級河川の数は約14000、二級河川・準用河川も加えれば約35000
この川がなくなったら、森も山も田畑も何もなくなってしまう。


太陽も雨も雪も風も、海も川も山も大地も、あらゆる自然に守られ助けられ、
時々恐れも抱き、崇め感謝しながら、私たちのご先祖さまは生きてきた。
そう考えると日本には八百万の神様がいるのも納得。


そして、日本の自然と一緒に生きてきたのは、人間だけでなく動植物もまた同じ。
日本は動植物の宝庫。
「生物多様性ホットスポット」と呼ばれる絶滅危惧種が多く生息するエリアがあり、
地球の陸面積の2.3%の場所に、全世界の植物・鳥類・哺乳類・は虫類・両生類の
60%が存在していると言われています。
世界で34箇所あるホットスポットの一つが日本です。

地球上にいる動物130万種、日本には5万種
世界30万種の植物、日本には6000種(1万を超えるという説も)
そのうち日本固有種(日本列島だけに分布する植物)2500種
世界の魚の種類は約3万種、日本近海に生息するのは6.7%の2000種
バクテリアから哺乳類まで合わせた全海洋生物種数約23万種の14.6%にあたる
33000種以上が、全海洋容積の0.9%にすぎない日本近海で出現

これらの数字は複数のサイトから拾ってきたもので、一部間違っているかもしれません。
ただ、国土面積に対して、かなり多くの種類の生物が生息していることは一目瞭然です。


最後にもう一つ数字の話。
全世界の原発の約13%が日本にあります。アメリカ、フランスに続く世界第3位の数。

世界の0.25%しかない小さな土地で
大きな地震の2割が起きていて
13%の原発がある
という事実


そこに起きた東電の原発事故。
東電も政府も被害者的に振舞っているけれど、
地震や津波はトリガーであって、事故の本当の原因ではないこと。
放射能を空にも海にも流し続けている日本という国が
今では世界で加害者という立場になっているということ。
この先ずっと、今の子どもたちとその子孫が
その被害を受け続け、責任を負っていくことになること。

日本における原発のあり方。
世界における日本のあり方。
今だからこそ真剣に考えたい。


テクノロジーも、生産性を上げることも、経済を回すことも、もちろん重要だし、
私たちの生活がその上に成り立っていることもまた事実。

だけど、絶対に忘れてはいけないのは、日本は自然に生かされていた土地だということ。
そのことは、これから私たちの生活がどれだけ変わったとしても、変わらないはずだし、
変えてはいけないんだと思ったりしています。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。