東北産を買おう。食べよう。 東北に行こう。 東北の経済活動を応援します。最近始めたプロジェクト『おちゃっこ隊』の活動も紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祈りのツリープロジェクト(1)福島の幼稚園に行ってきました

ユニセフの祈りのツリープロジェクトで、福島県の幼稚園に行ってきました。

祈りのツリープロジェクトは、今回のツアーにも同行されていた福島先生を中心に
デザインの力で子どもたちに笑顔を届けたいと、デザイナーさんやクリエイターさんが
立ち上げたプロジェクト。クリスマスに向けオーナメント制作から始まりました。
全国2000人以上のアーティストさんや美大芸大の学生さんたちから寄せられた沢山の
オーナメントは、仙台と気仙沼の復興横丁、都内は銀座三越ほか銀座周辺に出現した
ビッグツリーに飾られています。ビッグツリーはそれぞれどれも雰囲気が違うのだそう。

そして、プロジェクトの集大成として、現地の子どもたちに”直接”笑顔を届けようと
企画されたのが、今回のクリスマス会。幼稚園で一緒にオーナメントを作ります。
参加の募集を見つけた時には、「子ども」と「福島」という2つのキーワードで即決でした。


参加者は、美大芸大の学生さん、デザイナーさん、ナレーターさんや俳優さんまで、
ジャンルも様々。たくさんの素敵な人たちに出逢えました。
こんな風に普段の生活では関わることのない人と出逢えたり、繋がっていけたりするのは、
すごく嬉しい。それに、集まる人たちは思いが一つだから、年齢も職業も関係なくて、
初対面でも自然とすぐにチームになってしまうのがスゴイ。


当日は福島市内の5つの幼稚園と保育園に分かれての活動。
私たちのグループが向かったのは160人の園児が待つ幼稚園。
最初に全員集まって挨拶をすると、クラスに分かれてのオーナメント作りへ。
年長さんはちょっと難易度の高いトナカイとボール、年中さんはブーツとハウス、
年小さんは一番簡単なツリーのオーナメントを作ることに。

私は年小さんの担当。教室に入って行くと、もうみんなソワソワ。
子どもたちのキラッキラした目で、何が始まるんだろうとじーっと見つめられたら、
少し慌ててしまって、肝心な自己紹介も忘れてしまった。失敗。。。

まずは台紙から外してオーナメントを組み立てる。子どもたちも真剣だけど、
教える方も真剣。なぜって、私も作り方を前日に習ったばかり。責任重大です。
無事にツリーのオーナメントが完成。ほっ。子どもたちはみんな「できたー」と嬉しそう。

カラフルなマジック、サインペン、クレヨン、色えんぴつを机に並べると、ここからは
子どもたちの得意分野。マジックの全部の色を使ってカラフルに仕上げる子、
グリーンのクレヨンだけで丁寧に塗っていく子、色鉛筆で丸をいっぱい書いて飾りが
いっぱいの可愛いツリーに仕上げる子、どの子もちゃんとこだわりがある。
星のシールも貼って完成させたら、自分のオーナメントを自慢げに見せてくれる。

みんなで講堂に置かれたツリーに、作ったばかりのオーナメントを飾り付け。
とっても素敵なクリスマスツリーができました。
IMG_0482.jpg IMG_0481.jpg

集合写真を撮って、いよいよクリスマス会も終盤。
後は挨拶をして帰るだけと思っていたら、最後に予想もしなかったサプライズが。
子どもたちから私たちへのプレゼント。お礼の手紙をもらい、首飾りもかけてくれて、
全員で「本当に本当にありがとう」の歌をとっても大きな声で歌ってくれました。

このサプライズがすごくすごく嬉しかったのと、それと同時に、室内でもマスクをし、
外で遊べない子どもたちが、本当に楽しそうに笑ったり歌ったりしているのを見ていたら、
色々な思いが駆け巡り、涙が溢れて止まらなくなって号泣。。。
ホントは笑顔で帰ってくるはずだったのに。
このブログを書きながらも、また思い出して涙目になってしまう。

私たちが幼稚園を出る時には、あちこちの教室から飛び出してくる子たちや、
窓からもたくさんの顔が覗いていて、みんなみんな、私たちが見えなくなるまで、
一生懸命バイバイと手を振ってくれるから、また泣いてしまいそうで、
自ずと足早に少し逃げるように帰ってきちゃいました。

たくさんの子どもたちの笑顔と元気をもらって、とても幸せな時間が過ごせました。
またみんなに会いに行きたい。

今回このプロジェクトに参加できたこと、福島先生やユニセフのスタッフさん、
幼稚園の園長先生や先生がた、子どもたち、一緒に活動できた個性的でステキな仲間たち、
全ての人に感謝です。本当に本当にありがとう。


IMG_0485.jpg IMG_0507.jpg
子どもたちに貰ったお礼の手紙と首飾りは、ずっと大切にしたい。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。