東北産を買おう。食べよう。 東北に行こう。 東北の経済活動を応援します。最近始めたプロジェクト『おちゃっこ隊』の活動も紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女川での芋煮会、無事終了しました - おちゃっこ隊活動報告 -

ociacco-3B-3.jpg

22日に女川の桐ヶ崎地区仮設住宅で芋煮会をやってきました。
今回は幾つかのグループの方と一緒にやることになり、参加者総勢16名、
内容も盛りだくさんで、当初予定していたよりもやや大きな規模での実施となりました。
おちゃっこ隊の初めての活動は、みんなの協力があってなんとか無事に終了しました。

当日は生憎の雨。どれだけの人が出てきてくれるか少し心配でしたが、
予想以上に多くの人が来てくださって、狭い集会所がぎゅうぎゅうになるほどに。
私たちの目標だった「みんなで作る」ことも実現できました。
と言うよりもむしろ、とても嬉しいことに、桐ヶ崎の方々がかなり積極的に
動いてくれたお陰で、芋煮もおにぎりも美味しく出来ました。

● 芋煮
お野菜と豚肉は、前回のお野菜お届け時と同様ビタミン計画様からのご提供。
岩手から新鮮できれいなお野菜がたくさん届きました。今回はお肉まで。
いつもありがとうございます。

CIMG2214.jpg CIMG2216.jpg
CIMG2218.jpg CIMG2217.jpg

参加者のほとんどが東北出身ではない私たち。出て来てくれたお母さんたちに
「芋煮の作り方分からないので教えてください~」とお願いしたら、
「芋煮会って言いながら、芋煮の作り方も知らないの?」と半分呆れられながらも(笑)、
皆さん快く料理に参加してくれました。
料理の先生だった方がどんどん仕切ってくれたので、本格的な芋煮ができました。

P1000838.jpg P1000840.jpg

● ブルーベリージャム
参加者のTさんのご自宅で採れたブルーベリーで、大きなお鍋いっぱいのジャム作り。
混ぜるのがなかなか力仕事のようですが、Tさんを始めお母さんたちが頑張ってくれました。
20本以上のジャムができ、企画メンバーのMちゃんが作ってくれたラベルを貼ったら
ちょっといい感じ。出来立てのジャムは1世帯に1個お渡し。

P1000845.jpg P1000851.jpg

● おにぎり
お米は広島のMさんによるご提供。
私たちは業務用の大きな炊飯ジャーが使いこなせず、ちょっぴり固く炊けてしまったご飯。
これを、桐ヶ崎のお母さんたちが美味しくリカバリーしてくれ、ささっとおにぎりに。
おにぎりのサイズが結構大きめなのは、やはり漁師さんの奥さんだからでしょうか。
(漁師さんはささっと食べるから小さいおにぎりじゃダメなのかもね、と誰かが言った
一言に思わず納得。)

P1000842.jpg

● 野菜プランター
お野菜支援を頂いているビタミン計画様による新プロジェクト。
「仮設住宅に野菜プランター持って行けたらいいな」と、ビタミン計画のIさんと
お話していたのは多分8月頃。その後色々な課題があったこともあり、私たちの方では
全く動いていなかったのですが、9月の末頃にIさんから突然ご連絡いただき、
野菜のプランター実施できそうです!と。そこからの動きは本当に素早かったです。
ビタミン計画内に野菜プランター隊が結成され、私たちの芋煮会と合同で実施することに。
私のやりたかったプランターがこのような形で実現するとは、考えてもいなかったので、
とても嬉しい結果になりました。
準備期間が短い中で頑張って頂いたビタミン計画の皆さま、お疲れ様でした。

P1000846.jpg P1000844.jpg

● 手編みマフラーのプレゼント
もともとUsedのマフラーのつもりが、心のこもったステキな手編みマフラーに化けました。
棚ボタとは正にこういうことを言うのですね。
9月のまだすごく暑い頃、マイ箸プロジェクトのO様に「これから冬が来るから、
マフラーを集めようと思っているんです」と、なんとなくお話したことがきっかけに、
O様がマイ箸の方々にお声がけくださったもの。たくさんの方が協力してくださって、
中には18本も編んでくれた方や、お母さんに教わりながら編んだ男子中学生もいるそう。
最終的に集まったのは、手編みマフラー70本、Usedも30本、その他スカーフなども。
100本送りましたってご連絡をO様に頂いた時には、思わず泣いてしまいました。
桐ヶ崎で「皆さんのために編んでもらったマフラーです」ってお伝えすると、
とっても喜んでくれて、一生懸命お気に入りの1本を選んでいました。
マイ箸の皆さま、本当にありがとうございました。

P1000854.jpg

● お米や日用品などの支援物資
ビタミン計画さん繋がりで参加された広島のMさんが、片道22時間かけて運んできて
くれたもの。車の座席のリクライニングが倒せないほどに、お米、洗剤、石けん、
お香など大量の物資を積んで来られたそうです。
お米はもちろん、洗剤やお香などもとっても喜ばれました。

P1000856.jpg P1000853.jpg


参加した人数も内容も多かったこともあり、お祭りのような賑やかさで、あっと言う間に
時間が経ってしまいました。最後にはみんなで集合写真まで撮影することができ、
おちゃっこ隊の活動はとてもいい形でスタートすることができたと思います。

P1000858.jpg


ただやはりお家から出てきてくれない方もいるので、今後はこの方たちにもどうにか
アプローチしていきたいなと思っています。

おちゃっこ隊の来月の予定は、スイートポテトとクリスマスリース作り。
桐ヶ崎の皆さんのクリスマスリースへの反応がすごく良かったのが、嬉しい反面、
ちょっぴりプレッシャーも感じつつ、どんなリースがいいかなと考えたりするのは、
なんだかとてもワクワクします。また来月が楽しみです。

継続的な活動がしたいと集まったおちゃっこ隊のメンバー。
今回のように「来月また来ます!」と約束を置いてこれるのは、すごく嬉しいです。
これから桐ヶ崎の方々と少しずついい関係を作れたらと願っています。


今回の芋煮会を実施するにあたり、さまざまなご縁に恵まれ、マンパワーによるもの
物資によるもの、その他いろいろ、本当に多くの方から温かいサポートを頂けたことに、
とても感謝しています。おちゃっこ隊の小さな活動は、これからも継続していく予定なので、
引き続き応援をお願いいたします。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。