東北産を買おう。食べよう。 東北に行こう。 東北の経済活動を応援します。最近始めたプロジェクト『おちゃっこ隊』の活動も紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泥かき装備

泥かきや瓦礫撤去の作業にはそれなりの準備が必要です。
私も泥かき経験者などに、必要なものを聞いて揃えました。
装備についてはいろいろな方が紹介していますし、現場によって若干異なりますが、
あると便利なものを書いておきます。

● 100円ショップのレインコート上下
これは特に泥や水分が多いものを扱う時にはかなり役立ちます。
1日使ったらそのまま捨てます。エコではないですが、臭いもヒドイですし、
ひっかけて破けるので、いいレインコートを買っても結局捨てることになります。
裾が広がってしまうので、私は髪用のゴム紐で止めたらちょうどいい具合になりました。

● ゴーグル
泥が跳ねるので、サングラスタイプではなくゴーグルタイプを用意します。
これも100円ショップで買うことができます。私はこれで大丈夫でしたが、
粉塵の多い現場の場合は、作業用のきちんとしたゴーグルの方がいいかもしれません。

● マスク
100円ショップよりは、ホームセンターなどの作業用のマスクの方が良いと思います。
いわき市の場合には必要数を支給してくれます。

● 耳栓
粉塵の多い現場では、耳の中にも粉塵が入ることもあるそうです。

● 軍手/手袋
作業する場所によって使い分けるのが良さそうです。

・泥や田んぼなど水分の多い現場
→作業用のゴム手袋(厚手&腕までの長いタイプがベター)
またはゴム引き軍手(甲側も含め全体にゴムが引いてあるタイプ)

ゴム手袋だけで、汗をかくようなら、軍手かタクシーの運転手がしているような
薄手の手袋を中にはめてもよいと思います。

私は、ゴム引き軍手が手の平部分だけゴム引きのものだったので、家庭用のゴム手袋を
内側に重ねて使ったところ、水が中まで入ってくることは防げましたが、
取り外しに結構時間がかかりました。

・民家の中など、水分の少ない瓦礫搬出作業
→ゴム引き軍手(手の平部分のみゴムでOK)

● 長靴
長靴があれば、天候や現場を心配しなくてすみます。

私は、ツアー主催の方に長靴は不要と言われて、運動靴で行きましたが、
結局受けた作業が、水分の多いヘドロの詰まった側溝掃除で、
さらに途中から雨にも遭ったので、長靴あった方がよかったです。

ちなみに、中のズボンの裾は長靴の中にしっかり入れ、レインコートの裾は
長靴の外に出すと2重にガードできるのだそうです。
石巻の泥かき経験者が教えてくれました。なるほどです。

● 釘踏み抜き防止のインソール
現場で釘を踏んでしまう方が結構いるようです。被災地の衛生状態が良くないため、
怪我をすると破傷風の恐れもあるので、鉄板の入ったインソールは必ず用意します。
安全靴でも、つま先にしか鉄板が入っていないタイプの場合は、インソール必要です。

インソールは作業服やさんで買えます。
女性が使える小さいサイズは、店頭に置いていないところが多いようですが、
お店によってはメーカーから取り寄せてくれます。私は24cm取り寄せてもらいました。
1cmくらいなら上下の余白切り取って、更に小さくすることもできます。

● ヘルメット
いわき市は貸出もあります。

● ウェストポーチ
貴重品や携帯電話を持ち歩けるように、ウェストポーチがあると便利です。
カーゴパンツのように蓋付きポケットのあるパンツでもOK。

大きな荷物は、車の中や現場付近にまとめて置くことが多いと思いますが、
車の中に置いてあったお財布を盗まれるということもあるようですので、
貴重品だけは自分で持っておいた方が間違いがないです。

● 大きめ(60~70リットル)のゴミ袋と新聞紙
汚れた服や着替えを入れる、現場で荷物置き場がない時には荷物を入れておく、
など、いろいろと使えます。

● 水
これからの時期は熱中症の恐れもあるので、水はこまめに取りましょう。
飲料用の他に手洗い用もあると便利です。
感染予防のために、手を洗った後はアルコール消毒を。

※ 被災地はゴミの処理が進んでいないところもあります。
自分のゴミは自分で持ち帰って、自宅で処分するようにしてください。


レスキューストックヤードが発行している水害ボランティア作業マニュアルが
とても分かりやすいので、こちらも参考にしてください。
(画像クリックでPDFダウンロードできます。)

suigai-manual.jpg

関連記事
個人でボランティアに行くには(いわき市ボランティアセンターの場合)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。