東北産を買おう。食べよう。 東北に行こう。 東北の経済活動を応援します。最近始めたプロジェクト『おちゃっこ隊』の活動も紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボランティア×観光ツアーで東北を応援しに行こう

ボランティアと観光を組合わせたツアーが続々登場しています。

被災地ではまだまだボランティアが不足しています。
ガレキはとても片付くような量でなく、自治体の炊き出しが終了し始めている所もあります。
そして観光業もまた大きな打撃を受けていて、内陸部の津波の被害を受けていない地域でも、
予約のキャンセルが相次いでいるそうです。

私はボランティア×観光のツアーは大賛成です。
ボランティアをするだけでなく、その土地のことを知ったり、郷土料理を味わったり、
お土産を買ったりすることが、全て東北の応援に繋がります。

● ケッパレ東北!ボランティアライナー(岩手東北観光)
http://www.kenpokukanko.co.jp/volunteerliner.html
野田村、大槌町、宮古市へのボランティアツアー。
温泉やホテルに泊まる観光重視型と、ボランティアメイン型があります。

● 南三陸町 ボランティア&応援ツアー in 福興市 6月(近畿日本ツーリスト)
http://ecc.knt.co.jp/tyoec/fukkoichi/
福興市は私が5月の連休に行ってきたところです。(ブログ記事はこちら
とっても活気があります。

● ボランティア活動と東北観光による被災地応援ツアー(近畿日本ツーリスト)
http://ecc.knt.co.jp/tyoec/fukko/
ボランティア講習も組み込まれているので、ボランティアが初めての方にも安心です。

● 地球の歩き方によるボランティアツアー(ダイアモンド社)
http://www.arukikata.co.jp/volunteer/kokunai/higashi-nihon01b.html
2日間のボランティア活動と、東北初の世界遺産登録として注目を浴びている平泉への観光が
セットになった4日間のツアーです。

● 湯治場と被災地を結ぶライフカフェプロジェクト(リボーン)
http://reborn-japan.com/domestic/4806
私が参加した鳴子温泉&南三陸町でのライフカフェボランティアのツアーです。
次回の日程が発表されました。

● 東北復興支援プロジェクト みんなのボランティア
http://hatalike.yahoo.co.jp/aid/p/volunteer/tour/
リクルートによるボランティアサイト。近畿日本ツーリストによるボランティアツアーや
ボランティアに行く為の情報も掲載されています。

● ボランティアサポートバスプラン(宮城県)(JTB)
http://www.jtb.co.jp/tabeat/List.asp?uflg=0&tourno=72fc71607a3a4c1788c660ae&back=1
ボランティア活動に秋保温泉宿泊と仙台観光がセットになった1泊3日のツアー。

● 東日本大震災 復興支援ボランティアツアー(トップツアー)
http://toptour.jp/sit/tohoku_volunteer/index.html
このツアーの面白いところは、トップツアーの岩手中央支店や盛岡支店が企画しており、
ツアー代金は支店に振込みます。文字通り現地に直接お金が落ちるツアーです。
温泉旅館に泊まるプランもあります。


その他、東北は今がちょうど種まきや田植えのシーズンで、農作業ボランティアを
募集している農家さんもいます。被災地に直接入って行うボランティアではありませんが、
農業も東北を支える大事な産業なので、これもまた東北応援の形だと思います。

スポンサーサイト
コメント
情報サンキュウ~
いつも有益な情報ありがとう!ライフカフェでご一緒した万葉です。岩手は行きたかったので、早速17日出発のツアー申込みましたよ!感謝です~
2011/06/06(月) 23:33 | URL | Mayo #-[ 編集]
Re: 情報サンキュウ~
mayoさん、コメントありがとうございます。
ご無沙汰してます。お元気ですか?ブログ見てくださっていたなんて感激です。
それにしてもmayoさんのフットワークの軽さはすごいです。岩手気をつけて行ってきてください。
また機会があったら、いろいろお話お聞かせくださいね。
2011/06/08(水) 17:56 | URL | act 4 fukushima #-[ 編集]
衣服についたアスベストの湿式除去
「アスベストの不足情報のお知らせ」

アスベスト関連の情報をHPで公開しております。
その一つに衣服に付着したアスベスト・リスクについて情報提示していますので、よろしければご利用して下さい。
簡易マスクに対する警告や周知はかなり見かけますが、「衣服の湿式除去」など「車や自宅にアスベストを持ち込まない工夫」に関する情報が不足しているように思えます。
「がれきの撤去作業」に関して、従事前の準備も大切ですが、従事した後の着替えの徹底なども大変重要です。
サイトの情報はどのようにご利用いただいても構いません。
アスベスト被害の予防にご協力下さい。

「衣服の湿式除去」
http://w01.tp1.jp/~a560149509/asbestos003.html

「アスベストの使われている場所」
http://w01.tp1.jp/~a560149509/mame003.html

-シュウリケン-
修理補修建設企業組合 担当:岩崎
2011/06/30(木) 15:49 | URL | イワサキ #-[ 編集]
No title
 ↑申し訳ありません。
無知で、コメントがウェブに残ると知らず、企業名が出てしまいました。
問題があればこのコメントとともに削除してください。
2011/07/01(金) 15:35 | URL | イワサキケンジ #-[ 編集]
Re: No title
イワサキさま
コメントどうもありがとうございます。
コメント削除した方が良ければ削除いたしますが、私としては興味あります。
被災地のアスベストの問題も深刻と聞いていますので、個人ボランティアレベルで
アスベストにどう対応すべきか、アドバイス頂けますと幸いです。
アスベストを見分ける以前に、そもそもアスベストの存在を意識せずに
瓦礫撤去を行っているボランティアの方も多いと思いますが、
これを見たら要注意などあれば、教えてください。
よろしくお願いいたします。
2011/07/03(日) 00:16 | URL | act 4 fukushima #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/05(火) 17:35 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/05(火) 18:23 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/05(火) 19:22 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。