東北産を買おう。食べよう。 東北に行こう。 東北の経済活動を応援します。最近始めたプロジェクト『おちゃっこ隊』の活動も紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフカフェボランティアに参加して(5)南三陸町

前日に聞いた話を思い出しながら、南三陸町が近づくにつれ、もうすぐだと
構えてはいましたが、それでも「南三陸町」の標識が見えた時にはとても緊張しました。

町に入って少しの間は、今までの景色と変わらず家も普通に建っています。
そして家並みが途切れ、木々が見えてきて、そこを抜けたとたん。
目の前広がった光景には、本当に言葉を失いました。
テレビの映像や写真で見ていたものよりも、はるかに悲しい現実に
ただただ涙が止まらなくて、何も考える余裕もありませんでした。

現地でボランティアされている方に、後から聞いた話では、
地面が見えているところは、捜索のために瓦礫をどけた場所。
津波の後は、もっともっと酷い状態で、全て瓦礫で覆いつくされ、
どこが道さえも分からない状態だったそう。
瓦礫の山は捜索に伴い日々場所が変わっているそうです。

ニュースなどで、今回の震災被害のほとんどが津波によるものだと
聞いてはいましたが、それを実感しました。
鳴子温泉から南三陸町に向かう間、道路の所どころに亀裂が入っていたり、
ブロック塀がくずれている箇所はありましたが、倒壊している家を
目にすることはありませんでした。
たぶん家の中は食器棚が倒れたりと大変な被害を受けられていると思いますが、
外から見る限りでは、地震の被害を見受けられない家ばかり。

ギリギリで津波を免れた家には、すぐ足下まで瓦礫が押し寄せているので、
津波が達した場所は見てすぐ分かります。

津波の怖さを目の当たりにしました。

IMG_0040.jpg


**********************************************************
ライフカフェボランティアに参加して 他の記事へのリンク
(1)はじめに
(2)鳴子温泉と旅館大沼
(3)旅館大沼でいろいろな人との出逢い
(4)出発
(5)南三陸町
(6)ライフカフェ開店
(7)ライフカフェを終えて
(8)これからボランティアや観光で行かれる方へ

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。