東北産を買おう。食べよう。 東北に行こう。 東北の経済活動を応援します。最近始めたプロジェクト『おちゃっこ隊』の活動も紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3度目のライフカフェ @石巻

帰ってきて2週間が経ってしまいましたが。。

8月6日~7日にライフカフェのツアーに参加してきました。
4月、6月に続き、私にとっては3回目のライフカフェ参加です。
今回訪れたのは、石巻の渡波(わたのは)小学校。まだ100人以上の方が避難されています。

避難所によっては、自宅避難(水道・電気・ガスが止まっていても)の人や
仮設住宅に入った人に対し、炊き出しや支援物資を配らない避難所もあった中、
渡波小学校はいち早く、近所の住民もみんなが被災者だからと、誰もが炊き出しに
並べるように解放したのだそう。
そして、現在炊き出しは、被災者自身が行っているそうです。

渡波では、Tシャツ(このアイロンプリントもまた被災者がやってます)やバッチ、
エコバック等のワタノハグッズを販売し、その売上げから、炊き出しの材料を調達したり、
仮設に移った方には、自分で材料を買ってきて料理ができるようにと、
「調味料セット」をプレゼントしています。
食材ではなく調味料というところがニクイですね。
IMG_0271.jpg
ワタノハスマイル バッジ。他にワタママとワタパパもあります。

*ワタノハグッズは、ワタママスマイルのHPから購入できます → http://watamamasmile.com/

また、ワタノハスマイルというプロジェクト。
渡波の子どもたちが瓦礫で作ったオブジェ。震災直後にも関わらず、子どもたちの作品は、
伸び伸びとしていて、元気を与えてくれる気がします。やっぱり子どもの力はスゴイ。
現在このオブジェは、全国を回っています。
私たちが行った時には仙台で展示中で、見られなかったのが残念です。

*ワタノハスマイルのHPはこちら。展示スケジュールも確認できます。
http://www.watanohasmile.jp/

炊き出しを自分たちで行うことにしても、仮設に入った人に調味料をプレゼントすることも
生活者として一歩前に歩き出す為の、とてもステキな支援の形だと思います。
こういった取り組みが、渡波の良い空気感を作っているのかもしれません。


ライフカフェに関しては、私たちが行く前に、既に企業によるライフカフェが5回に渡って
渡波小学校で実施されていたので、カフェに来られる方には常連さんもいて、
開始時間にはたくさんの人が集まってくれていました。
皆さんとっても楽しみに待ってくれていたのが分かります。
何が始まるんだろうという雰囲気が全くなく、とてもやりやすい環境でした。

避難所の方にとっても「また来てくれること」や「顔なじみの人がいること」は、
嬉しかったり安心感だったりに繋がるんだと思います。以前から思っていたことですが、
同じ場所で継続していくことの重要さを改めて再認識した気がします。

私にとっても、同じ場所に何度か足を運ぶことで、町並みが少しキレイになったとか、
お店が再開しているとか、避難所の状態が良くなったとか、前回会った方が元気だったとか、
そういった比較ができ、様々な変化を自分の体験として(人から話を聞くだけではなく)
もう少し実感できるように思います。


ライフカフェは、いつものようにテーブルやイスを設置して、お茶の用意。
みんなが持ちよったお菓子を並べ、メニューボードも作ります。
もちろん鳴子の温泉の足湯やマッサージもあります。
今回の参加者の中には、手品やバルーンアートがとても得意な人がいて、
子どもはもちろん、大人も大喜びでした。

何度かライフカフェに参加してきて感じたことは、バルーンアートや手品など
パフォーマンス的なものは、みんなが楽しめて、場の雰囲気が和むので、
コミュニケーションを取るのに、とてもいいアイテムだということ。
そして、足湯やマッサージは、身体が緩むことで緊張が解けて、とても話をしやすい
環境ができるみたいです。


この日は、とても暑く30度超えの気候。
数日前には夜は冷え込んですごく寒かったと言っていたので、この寒暖の差、
特に冷暖房が整っていない避難所は、かなり厳しい環境だと思います。

冷房や扇風機もない教室は、動き回っていると滝のような汗が流れます。
唯一の頼りの団扇の風がとても気持ちよかったです。

同じ日には、芸大の生徒さんが似顔絵を描いていたり、プロのマッサージ師さんも
来ていました。マッサージは、ベッドも持ち込み本格的なものでした。

また、福井県あらわ市のスイカが配られていたのですが、なんと大型トラックいっぱいに
スイカ240個を積んで、3ヶ所の避難所を回っていたそう。
渡波が2ヶ所目で、この後もう1か所届けると仰っていました。

近くに住む方で、今回初めてライフカフェに来たという男性は、大きなスイカを丸ごと
もらって、家族が多いからみんなで食べると、とても喜んで持って帰っていました。

とても嬉しいことに、このあらわ市のスイカ、私たちも頂くことができました。
汗をたくさんかいた後のスイカは、甘くって美味しくて、疲れが一気に吹き飛びました。


私たちのバスが出発する時には、カフェに来てくれた方々が暑いのに外まで出てきて、
ニコニコ手を振って見送ってくださいました。
みなさんこれから仮設に移っていくとは思いますが、あの笑顔にもう一度会いに行きたいです。
元気を届けにいくはずのライフカフェ、またもや元気を貰って帰ってきてしまいました。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。