東北産を買おう。食べよう。 東北に行こう。 東北の経済活動を応援します。最近始めたプロジェクト『おちゃっこ隊』の活動も紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<福島の方へ> キッズ・ホームステイプロジェクト

キッズ・ホームステイプロジェクトは、「福島原発事故の影響を受け、がんばっている
お母さんと子ども達を被ばくに心配なく思いっきり外で遊ばせてあげたい」という思いから、
産婦人科医の根本さんを中心に全国の有志で立ち上げられたプロジェクトです。

第一弾は、「南相馬キッズ・ホームステイプロジェクト in 西伊豆」
4泊5日自炊型のスタイルで、牧場で遊んだり海水浴も楽しめます。

● 期間:
① 平成23年8月12日(金) ~ 8月16日(火)
② 平成23年8月17日(水) ~ 8月21日(日)

● 定員: 1回 29名 ~ 50名 (① ② 2 回遂行)
● 場所: 西天城高原 牧場の家
● 参加資格:南相馬市在住の方、及び福島県で放射線量の高い地域にお住まいの方。
● 参加費:2,800円(実費分。ツアー自体は無料です。)


キッズ・ホームステイプロジェクトでは、これからプログラムを増やしていくようです。
サイトの掲示板では、他のプログラムの情報も共有されていますし、ページの右側にあるバナーから
ホームステイ・疎開先リストへのリンクもありますので、時々チェックしてみるとよいかもしれません。

スポンサーサイト

<福島の方へ> アカデミーキャンプ2011@静岡御殿場 プロジェクト結

プロジェクト結によるアカデミーキャンプ2011も参加者募集中です。
プロジェクト結は、様々な団体・企業・学校・個人に支えられているプロジェクトです。
学びも遊びも盛りだくさんの約1週間のキャンプに、福島の子どもたちを無料で招待しています。

● 対象
福島県在住の小学校4年生~中学生/各期40名程度募集

● 会期
第1期 :8月7日(日)~12日(金) 5泊6日
第2期 :8月16日(火)~20日(土) 4泊5日
第3期 :8月21日(日)~26日(金) 5泊6日

● 会場
日本YMCA同盟 国際青少年センター 東山荘
宿泊は東山荘宿泊施設を利用いたします(テント泊ではありません)
会場への移動は貸切バスを使用し、福島県内の数カ所でのピックアップを予定。

● 参加費
無料(往復交通費含む。但し集合場所までの交通費は除きます)

詳細および申込みは、プロジェクト結のサイトから
http://project-yui.org/?p=606

● プログラム
1)最先端研究者や企業による“学び”プログラム
2)YMCAやアスリートによる“遊び”プログラム
3)参加者同士によるディスカッションプログラム

<福島の方へ> 新潟で夏休みキャンプしませんか? バックアップセンタージャパンがサポートします

夏休みを新潟で過ごしてみませんか?
(社)バックアップセンタージャパンでは、「にいがたでクールダウンプロジェクト」として、
福島の子どもたちの夏休みキャンプをサポートしています。
まだ募集中ですので、ぜひお問合せしてみてください。

● はばたけ21未来の子どもたちへ
期間:8月19日(金)~26日(金)
場所:新潟市大畑少年センター 他
募集:福島県の小学5~6年生 (男子5名 & 女子3名)
参加費:無料
※ はばたけ21は、今年19回目を迎える国際的なキャンプで、
新潟県およびロシアの子どもたちと交流ができます。

● 湯沢で思いっきり自然を楽しもう!
期間:8月20日(土)~21日(日)
場所:たきびの村 他
募集:親子10組
費用:大人10,000円、子ども5,000円/人
※ BBQやキャンプファイヤーが企画されています。

● 大地の祭り 2011夏 越後妻有の林間学校
期間:A. 7月28日(木)~31日(日)
   B. 8月5日(金)~7日(日)
   C. 8月12日(金)~14日(日)
   D. 8月19日(金)~21日(日)
   E. 8月26日(金)~28日(日)
募集:A. 小学2年生~中学3年生
   B~E. どなたでも(小学生以下の場合は保護者同伴)
費用:被災された方は無料でご招待
※ アーティストによるワークショップ等に参加できます。


▼ にいがたでクールダウンプロジェクト ご案内(画像クリックで拡大されます)
にいがたでクールダウンプロジェクト

▼ 大地の祭り ご案内(画像クリックで拡大されます)
大地の祭り2011夏 林間学校 P1 大地の祭り2011夏 林間学校 P2

■ お問合せ先 ■
(社)バックアップセンタージャパン 新潟事務所
Tel: 025-378-0510
E-mail: bcjniigata@gmail.com
http://bcjniigata.blog89.fc2.com/

<福島の方へ> 避難したい人のためのサイト、避難できない方のためのサイト

震災からもうすぐ4ヶ月が経とうとしていますが、未だ原発事故は収束される兆しもなく、
放射能が徐々に広がっている現実は、本当に悲しく、考えるだけで胸が苦しくなります。

Twitterやネットなどで、「早く避難すべき」という声をたくさん見ますが、
避難(期限の定まらない長期の避難はむしろ移住と呼ぶべきかもしれません)は、
そんなに簡単なことではなく、福島県外に避難することも、県内に住み続けることも、
どちらも難しい決断だと思います。それぞれの事情で動けない方もたくさんいるでしょう。
だから私は、できることなら多くの方に避難していただきたいとも思いつつも、
無責任に「避難すべき」とは言えずにいます。
放射線量の高い郡山市にも親戚がいますが、見守るしかできないのです。

そんな中、避難したい人も、避難できない人も、どちらの立場も支援しているサイトを
見つけましたので紹介します。誰でも編集ができるwikiサイトですので、
複数の人によって常にアップデートされているため、情報が早いです。
項目別のまとめ方もとても分かりやすいと思います。

ふくしまのこどもを、まもりたい
福島県を離れて避難したい方のために、避難先情報や避難後の支援について
まとめられています。避難先の検索は、「地域」「期間」「対象者」「形態」等
ご自身の希望の条件で探すことができます。

週末や夏休みを利用した一時的な避難情報もたくさん載っていますから、
僅かな時間でも子どもたちを外で自由に遊ばせたいという方にも。

ふくしまで、いきていく
様々な事情で福島から離れることができない方のために、放射線量のデータ、
ガイガーカウンターの使い方、受ける放射線をできるだけ軽減する対処方法などが、
まとめられています。

こちらの「ふくしまで、いきていく」サイトではまだまだ情報を集めているようですので、
有用な情報をお持ちの方はぜひ追加編集をしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。