東北産を買おう。食べよう。 東北に行こう。 東北の経済活動を応援します。最近始めたプロジェクト『おちゃっこ隊』の活動も紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Buy Fukushima Eat Fukushima

こんな時だから、東北産を買おう。食べよう。
今回の地震でニュースからこぼれてしまっている宮崎も。
そんな地域の経済活動に少しでも繋がるきっかけになれたらと願って
東京近郊の「ここで買えるよ」「ここで食べれるよ」と
産地直送「ここで買えるよ」を紹介していきたいと思っています。

東北や宮崎の特産品が買える&食べれる、首都圏のお店の情報、
現地で頑張ってる配送可能なお店の情報などなど、ぜひお知らせください。
Buy Tohoku, Buy Fukushima, Buy Ibaraki, Buy Miyazaki

情報が増えてきたので、Indexページを作りました。
【Index】おちゃっこ隊の活動
【Index】東京のここで買えるよ&食べれるよ
【Index】東京でイベントやってるよ
【Index】産地からお取寄せできるよ
【Index】やっぱり東北へ行こうよ
【Index】こんな支援もあるよ
【Index】ひとりごと & ボランティア活動報告
【Index】福島の方へ  子どもキャンプ情報などの紹介
【Index】原発と放射能について(リンク集)


********************************************
タイトルにあえて福島を掲げた理由は
1. 個人的に福島が大好き
2. 福島の復興の遅れが心配
3. 東京の人こそ福島支援してほしい

1番目の個人的理由。
私は小さい頃から福島のお米を食べて、りんごや桃を食べて、
野菜もいっぱい食べて育ちました。
福島で育ってはないけど、福島に育てられたってくらい。
福島には美味しいものが、本当にたくさんあります。
それが食べれなくなっちゃうなんて我慢できない。。

2つ目。
福島は、原発事故の影響で、復興が大幅に遅れています。
それどころか、さらなる3次4次被害が拡大している状況。
中長期的な経済的ダメージを考えると、福島を応援せずにはいられません。

3番目は、福島の原発は首都圏の生活のために作られたものだから。
東京電力の原子力発電所のある、福島第一(6基)、福島第二(4基)、
新潟柏崎(7基)、そして建設計画の進められていた青森東通、
いずれも東京電力の供給エリア外の県です。

※YouTubeの動画は、アップした頃からあまりにも状況が変わってしまったために
一旦削除しました。延べ1800人以上の方に見てもらえたことに感謝です。
否定的なコメントもありましたが、少なくともその人たちも見てくれていて、
ファクトを伝えるという目的は達成できたと思っています。


福島を応援していると、「子どもを被ばくさせないで」というコメントも頂きますが、
私は決して「放射能に汚染された食べ物を食べよう」は進めてはいません。
福島は全国で3番目に広い都道府県ですから、福島のもの全てが放射能に
汚染されているわけではないですし、食べ物以外の応援の仕方もあると思うのです。
(原発の収束が遅れれば遅れるほど更に放射能の範囲が広がる可能性はあります。)

放射能は特に子どもに影響が出やすいと言われていますので、小さなお子さんが
いらっしゃるご家庭で、食べないという選択をすることも、親としては当然だと思います。
また、福島で生活されている方々は、空気、水、土、あらゆるものから影響を受けますので、
僅な量でも(暫定規制値内であっても)放射性物質が検出された食品を食べ続けることは、
決して安全なことではありません。


「東北を買おう・食べよう」は、無理にやるものでも、ブームだからやるものでもなく
気に入ったものを買ったり、美味しく食べたり、楽しく飲んだり。
好きなものだから長く続けられる、そんな長期的な応援です。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。